【オーダースーツ 広島】勘違いの能力


僕はサッカーは詳しい方ではないのですが、

最近の日本のサッカー選手は本当にすごいと思います。






堂安律選手

兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。

ポジションはMF。ブンデスリーガ・SCフライブルク所属。日本代表。

1998年6月16日 (年齢 24歳)

一回り以上も年が下なのですが、

先日見たテレビで、ものすごく刺激をもらいました。

“いい意味での勘違いする能力”

ということについて話していました。

海外に出て、自分よりも上手いし経験もある選手だらけの中でも、

「こいつら誰?」

「俺が一番上手いんだ!」

と、良い意味で勘違いをして、

自分を世界最高プレーヤーとして演じることがとても重要なのだと。

素直に凄いなと思いました!

良い意味で勘違いをして脳に信じ込ませることで、

自分を世界最高プレイヤーとして演じることができる。

そうすることで、周りからの言葉やフィジカルでのプレッシャーや

メンタル的に潰されそうになるのを乗り越えることができると。

本田圭佑選手もものすごくそういう部分を持っているなと思っていましたが、

世界で戦うためのメンタルの持ち方。

今の日本人にはとても重要なのではないかと思いました。

“責任の増える仕事はしたくない”

“給料はそのままでいいからもっと休みたい”

“将来、特にやりたいことがない”

なんてことを耳にすることもありますが、

こんな素晴らしいメンタルの作り方をもっと学べる場所があったらなと思います。


閲覧数:14回0件のコメント