top of page

【オーダースーツ  広島】1着は持っておいて欲しいブレザー!その選び方




The My Way では、


“大人の男性にはブレザーを必ず1着持っておいて欲しい!”


長い間、そうお伝えしてきました。


それはなぜなのか?


本日は、ブレザーを少し深掘り、その選び方をご紹介します。







ブレザーとは…

学生時代、制服で着用していた方も多いのではないでしょうか?


大きな特徴としては、

金属のボタンが付属します。

ポケットもパッチポケットという貼り付けられるタイプです。

形はシングルとダブルがあります。




シングルのタイプは、昔ボートレースの選手たちが

母校のカラーである”燃えるような赤”のジャケットを着用していたことが起源と言われています。

燃えるような赤=炎(blaze)

そこからブレザーと呼ばれるようになったそうです。










ダブルのタイプは、軍服が起源だと言われています。

馬に乗った兵士たちの服の中に風が入るのを防ぐため、

風向きに合わせてどちらからでもボタンを留めることができるよう

開発された形だと言われています。











では、本題。

なぜブレザーを持っておく必要があるのか?



それは、



“礼装からカジュアルまで様々なシーンで着用できる”からです。




グレーのスラックを合わせてビジネスでも。

チノパンを合わせてカジュアルにも。

ショートパンツを合わせてマリンスタイルにも。

デニムやミリタリーパンツにコンバースを合わせても。

インナーもニット・パーカーなどほぼなんでもありです(笑)

そして、結婚式などでもOKとされています。



普段、スーツをあまり着用することが多くなかったり、

カジュアルスタイルが多い方には是非ともお持ちいただきたいですね。



僕自身、もちろんビジネススタイルで着用しますし、

娘の卒園式で着用もしました。

デニムにカットソーを合わせて旅行に行ったり。と、

一年のうち非常に着用頻度が高いです。


“ネイビージャケットよりも少しカジュアル感を感じれる”


これが最も大きな要因かもしれません。

キチっとしたファッションがお好きな方もいらっしゃると思いますが、

少し肩の力を抜いてたファッションでも素敵に仕上げてくれる。

それがネイビージャケットにはないブレザーの魅力だと思うのです!!





では、シングルとダブルどちらを選べば良いのか…



これは、また後日!!!!


bottom of page